FC2ブログ
BLニュースと感想、または腐界な日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライダーの所為で脳みそが同人発想になってると、あらかじめBL向けに用意されたコンテンツは反って消化しにくくなるな。
外食と家飯みたいな違いと言ったら良いんだろうか?
外食=商業/オリジナルBL、家飯=同人

外食って、店(媒体やメーカー)を選んで、メニュー(タイトル)をオーダーした時点でその日自分が味わえるだろう期待値ってのが設定出来るんだよな。普段ならそれで満足するし、ごちそーさまーヽ(´ー`)ノ ってなるんだけど、そういう味に一時的な飽きが来るってのはままあることだ。

というわけで、気分の問題で積みBLドラマCDが消化できなくなってる。
単なる消費メモなら書けるが↓

是2

『是-ZE-2』(DEAR+)原作:志水ゆき
>シリーズ最高の激愛・玄間(三宅健太)×氷見(平川大輔)篇。

これまで原作を知らないでもドラマCDを楽しんでこれたけど、これに限りジャケ買い・声優買いでは駄目っぽかった。
難点として、本作のような会話主体の進行では続き物のファンタジーの世界観はなかなか把握出来ないってこと。困ったことに、CDのクレジットブックにもその辺の説明が一切されていない。

エロシーンの盛大なクチュクチュは何かやってはる、でいーけど
他のドラマで聞かない空気を切る「シュッ」て音とか、対応するビジュアルが原作にあるんだろうって思ったままオワタヽ(´ー`)ノ チーン

あと、三宅健太(=玄間)の声がすっごい低いしドス効いてるし迫力あって
暴れん坊さんぽい描写が多い玄間のキャラへの共感がなかなか得にくい。主人公なのに。
でも原作ファンからは高評価っぽいです(´ー`)イメージと合ってるらしい。
中盤以降エピソードを拾っていくと若干克服出来た。
それまでは、ぎゃああああああああ怖い!!ひらりん壊れちゃうよーーーー
とか思った。

終盤は思い出の喪失っていう切ない物語なんですが、
氷見=パソコンと読み替えたら、萌えてきた(´ー`)
データ㌧で再インスコ復活とか
ぅ思い出せよぅっぅおおおおおお((;゜Д゜))って錯乱しちゃうよな。
冗談です。
物語把握しようと一生懸命聴いてきたせいか、ちゃんと感動出来ました。
めでたしめでたし。えろいえろい。

ライダー貧乏だからって原作買い控えしたら駄目だね。笑い
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://inranmekake.blog40.fc2.com/tb.php/52-c49545a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。