BLニュースと感想、または腐界な日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/16発売のドラマCDをC75で先行入手。
私は原作の丸木文華ファンなので特典のシナリオ集から目を通して内容を把握していたのに、CDを聞いたらまた別次元の面白さだった。


ハートP「南国ロマンス」(53:41) 滝沢蓮×藍川裕太
南国ロマンス

滝沢の声こんなにエロかったっけ。なんか空気漏れてる何かの気体ハヮィ
そして裕太のリュゥ○ロス声!ぁ~そうだった、楽しい。

「南国ロマンス」はシチュエーションが小説『兄弟-夏』とかぶってるし
シナリオ読んでる分には非常にオーソドックスな展開に思うんだけど、
声が付いて異常にエロく化けた。最近気に入ってるのか、種付け発言まで飛び出す始末。どエロイ。しかし恋人らしい甘い会話と、高校生らしいピュアな行動にほっこりする。ハネムーンなんだって!!
忘れちゃいけない『コイビト遊戯』のテーマ「変態」。
裕太の可愛い「ヘンタイ!」が聞けるのはこのカップリングだけ!ラブラブ!
KOKIは相変わらずキモイ!


ハートO「夕暮れ」(1:04:40) 廣瀬諒×藍川裕太
夕暮れ

作者だけあって、丸木文華の諒評が面白い。このドラマの完成度がうかがえる。

・諒が精神的に可哀想な子なので、
・不謹慎ですが彼は喪服が似合いそう
・何と言ってもやっぱり諒のヒステリー

シナリオ読んだだけでビンビン伝わる諒の危うさ。こいつはいつも何かに追い詰められている。情念があって、媚態にさえゾクゾクする。それもこれも平井達矢の名演技が冴えまくってる所為。完全にやまいだれキャラ。ジャケットも心なしかレイプ目。
ライターご推奨、圧巻のヒス場面では聞いてはいけないものを聞いてしまったような気まずさまで味わえる気違いトラック。本年度ベストアルバム。
物語にちゃんと救いがあるのでホッとするけど、諒のヒステリーの余韻でまだ何かあるんじゃないかって落ち着けない。人の性格って直らんからな。

仏壇なんて、ただの箱

でもいつもよりいっぱい出ました。
ここまで女々しくて嫉妬深くてヒステリックでグラグラして割と喘ぐ男がタチ役として成立しているのは面白いと度々思うけれど、裕太の懐の深さが味わえる良いカップリングである。色気を感じる。


ハートB夏のせいかしら!?(59:30) 和泉澤大貴×藍川裕太
夏のせいかしら

正規ルート外にも関わらず公式の人気投票で堂々3位、期待値の高いカップリングと思われるが、しかし和泉澤大貴の魅力は人気投票コメント一覧で一目瞭然、ライターの

大貴は普通の会話で裕太を罵り続けているので、Mの方は悶え続けられるのではないかと。

という言葉通り、恐らく大貴人気はカップリングへの支持ではなくキャラ愛によって支えられていると思われる。そこに居れば良い。そう、正しくおセックスは無し。それこそが真の変態!会話で飯が食える!変態を撲滅する変態。変態は正義!ありがとうございました!
あと個人的に大貴(CV.浅野要二)が「はあ上絵文字名を入力してください」って言うだけで嫌味ったらしくて漏らしそう。

大貴が裕太にじわじわプレッシャーを掛けておしまい。これだけ引っ張られると悶々とする人も居ると思うが、3枚セットで買うとシナリオ集も付いてきて(公式で1/13まで)ゲーム本編の大貴の別プロト「大嫌い」が読めるよ。ちなみに割とやってる!

こうして聴くと改めてコイビト遊戯のキャラ構成、ルートの多様性は素晴らしいなあと思った。変態にも色々ある!色んな歪みがある!
もう1回本編に戻ってプレイしようって気になった。
兄ちゃんドラマ欲しい!!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://inranmekake.blog40.fc2.com/tb.php/170-d13b9bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。