FC2ブログ
BLニュースと感想、または腐界な日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪での開催は16年ぶりとなる、第47回日本SF大会 DAICON7に行って来ました。

DAICON7では、講演やワークショップ(体験講座、実習講座)、同人誌やプロ作品の即売会、展示会に上映会、ゲームにお茶会(茶話会)、コスプレなどが予定されています。講演には、作家、評論家、翻訳家、編集者、映画監督、アニメ監督、マンガ家等、いろいろな人が講師として来てくれます。


23日土曜日。
SF大会は敷居の高~いイメージで、少々ドキドキしながら会場となる岸和田の浪切ホールへ。
ユニークなロボ達の出迎え。(写真)
DAICON会場

「時刊新聞」。名の通り大会情報、参加者の声などを1時間毎にまとめて会場内でばら撒かれる。
時刊新聞1時刊新聞2

このミニコミ的な雰囲気がたまらない。
即売会会場を眺めながら、スケジュール表とにらめっこ。私が参加したプログラムは以下。

15:00~16:30 デンキネコ粗大 上映会(1F大ホール)
16:30~18:30 夏だ!DAICONガンダム祭り(1F小ホール)
17:00~18:30 やおいパネルディスカッション(4F会議室3)
19:00~22:30 TRPG体験会(4F会議室2)
21:00~22:30 自主怪獣映画「G」上映!(1F小ホール)


時間のかぶっているプログラムは次のプログラム開始時間にハシゴ。

デンキネコ粗大 上映会

終了後、中村監督への報告用に客席の写真撮影をしますと言われ、みんな「芸社サイッコー!!」な試写ポーズ。自主ファン、SF大会参加者のノリの良さは異常wいやほんとに最高だもの。
大会には子供の姿も結構あったが、彼らにとってのジャミラはこれですね。

夏だ!DAICONガンダム祭り
会場は超満員。劇団ガンダム~旭堂南半球の「がんだむ講談」途中までみる。
今大会の暗黒星雲賞ゲスト部門に輝いたトニーたけざき氏の酩酊状態は見れずw

やおいパネルディスカッション~2008年夏のBL(びーえる&べるりん)祭!~
野阿梓淀川乱歩、福本直美、小谷真理菊池鈴々柏崎玲央奈

野阿梓、淀川乱歩の男性JUNE作家2名、JUNE編集の福本直美を迎え、80年代「小ジュネ」「大ジュネ」時代の話を中心に展開。80年代後半のJUNEをとりまく雰囲気の一端を知る。
記憶を頼りに書いているので、正確さには欠けると思いますがこんな会話がありました。

~コミケとJUNEは違う~

野阿「作品発表の場はJUNEしかないと思っていた。コミケというものを知らなかった。あんな爆裂してるとは。」
菊池「JUNEとは別に、現在のBLに繋がるようなイベントがポツポツと同時多発的に各地で生まれてた。」
福本「編集部にもコミケ参加者が居たようだが、違いについて特に議論されることもなかったと記憶している。」


~BOY's LOVEのラブが無い!~
今年発売された歴史改変BL(?)SF小説『伯林星列』について。

野阿「80年代お世話になった(性的な意味で)官能小説家・千草忠夫へのオマージュ作。よく読まないと分からないと思うけど。」
菊池「BLでは、名前の通り相手への愛があるのが前提だと私は思っているが、JUNEは必ずしもそうではないですね」
福本「JUNEの方針として、そのLOVEの部分について特にこだわりはなかった。」
野阿「3人居たとして、2人の少年に嫉妬とか人間のドロドロがあっても、1人は必ず超然としている。」
菊池「その点で野阿さんはJUNEとコミケ(BL)のエッジの境界に居ると思う」
柏崎「BLゲームのBAD END好きには受ける。」
野阿「原罪意識があるのかも。究極的に、人は救済すべきかという。」


~作品を書くときに受攻どちらに感情移入をするか?~

淀川「どちらとも言えない。ひとつの単語などをきっかけに物語が膨らみ、一息に書くので。」
野阿「どちらも。(中島梓の)小説道場風に言うと、視点が入り乱れてる!ってやつだけど。
先達の小説があるわけで、その水準にもっていこうとすればデイドリーム的にはならない。小説としてのレベルの問題。」
小谷「ただ趣味は入る?」
野阿「趣味は入っても(笑)。拉致、監禁、陵辱!どちらかと言うと攻めかも知れないな。」


「最近の感触として、"JUNE的なもの"への揺り返し傾向がある。」
と、菊池さんが仰ってたが、果たして普段私が消費しているBLにそんな傾向があったかなーと考えてみるのでした。オリジナルの小説群には心当たりがあるような、ないような・・・。普段JUNE的なもの、BLとか分けて考えてないからな~。世代的にピンとこない、と言ってしまえばそれまでなんだけど。笑い
というわけで、実は未読の『伯林星列』で勉強したいと思います。不勉強はいかん。ハハ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://inranmekake.blog40.fc2.com/tb.php/151-5a9cac0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。