BLニュースと感想、または腐界な日記
はじめに
■エントリー毎に記述しませんが、ネタバレ、18禁、BL、版権同人ネタを扱っていますので、その点ご理解下さい。
■連絡はコメ欄お使いください。非公開設定でも投稿できます。 
■スパムコメント・TBには十分ご注意下さい。
件名なしのコメント履歴が表示されない不具合(8/19) ※投稿は正常に出来ます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1H1D!!!イベント後、妙に色んなゲームがやりたくなってゲーセン変えてみる。
家からチャリで30分弱、23時閉店ていうのがキツいが頑張って通おう。1クレ30円也。

ゲーセン

店の一番手前にパカパカパッションが3台並ぶという奇跡w
やり始めたら曲思い出してきたけど、ズレまくり低スコア大ショック。
とりあえずケツイだけやって帰る。他に何があるかまたチェックしたい。


ところで本日8月1日、801の日!午前中にメッセサンオーがきっちり丸木文華『兄弟-夏-』を届けてくれたヽ(´ー`)ノ サイン入り
真っ白い頁の右端にひっそりサイン入れるとか奥ゆかしくちんまりしてて文華タンサインかわゆい(*´Д`*)

丸木文華「兄弟-夏-」
(携帯画像荒くて申し訳。)

昼休みに血眼で斜め読んでみたけど、ねっとりしてた。
この兄弟にはもはや安定感があるw

今回は当て馬がきたけど、若干役不足感が漂うわー
兄弟ラッブラブ過ぎて波乱にもならんていうか・・・いや十分なってるけど。兄ちゃんが大変!

と思ってたらこの当て馬がかなり良い萌えをラストで提供してくれたんで満足!v(^ω^)v
物語の冒頭で分かるべきなんだけど、この新しい登場人物はそもそも誰に対して行動を起こしてるのか、ってことだよね。ははは

関連過去記事:丸木文華のBL小説『兄弟』感想。
スポンサーサイト
この連休は実家に居ります。というわけで金曜晩にのぞみに飛び乗り東京へ。
旅のお供は丸木文華『兄弟』。
移動時間で丁度読み終えた!!あっちゅー間。
兄弟

出てくるのは、既にどっかで見たはずの丸木文華キャラに違いないんだけれども、
魔性の総受け主人公でもそれに群がる男達でもないんだよね。

いや、魔性とそれに食いつく男の話ではあるんだが、
この小説では魔性のからくりみたいのが細かく描かれている。

無自覚天然総受けは、果たして本当に「無自覚」で「受け」かってことですよ!
BL関係になった後も「天然」で居られるのかと。

「好き」という感情を見つけることで全ての発端や決着にはせず、関係の再構築を延々と試みている小説だと思った。

丸木文華は兄弟ものを好んで描くイメージがあるけれど(それともメーカーの希望かな?)、
それは一般的な恋人をサンプルに、自分達の関係へそのまま当てはめることが不可能で、自分達なりの関係を模索しなければならないということに理由の一端があるのかなと思った。
うまく折り合いが付かなければ、破滅的なBAD ENDが待つのも兄弟ルートでは説得力が増すようにも思う。この小説では、もう一方の若いカップルに最悪のシナリオを軽く実演させているようだが。
主人公に見えないところで進行している怖さが読者にはチラチラと示される。

鬱々として全体的にやや重苦しい雰囲気の小説だが、それに対応するカタルシスを最終的に得ることが出来る。正直、ラスト直前にはかなりすっきりしてしまったので、ふたりは肉体関係を解消するんじゃないかと思ったくらい。
が、関係が継続するのはすぐ分かった(´ー`)

やっぱり兄弟ものはおかしい^^ハッピーエンドおめでとう!じゃなく、「おかしい」という視線をこの兄弟に向けさせることが出来るのが丸木さんの小説の素晴らしいところだと思う。望ましいラストなのにも関わらず、いかがわしい。
BLという括りでなしに、倒錯した関係を好む方には是非読んで欲しい。面白かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。