BLニュースと感想、または腐界な日記
はじめに
■エントリー毎に記述しませんが、ネタバレ、18禁、BL、版権同人ネタを扱っていますので、その点ご理解下さい。
■連絡はコメ欄お使いください。非公開設定でも投稿できます。 
■スパムコメント・TBには十分ご注意下さい。
件名なしのコメント履歴が表示されない不具合(8/19) ※投稿は正常に出来ます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学園ヘヴンミュージカル
!5/20(火)10:00~チケット発売。
7/25(金)~27(日)で8回公演。(^ω^)ハードですね


もともと本格的に同人誌を始めたきっかけは「犯したい、小暮。なんてかわいいんだー」って思って。
ry
自分じゃ犯せないから、誰だ・・・・・・って考えて、最初ゴリしかいない頃で、「ゴリか、もうゴリでもいい」(笑)。ちょうどその頃、「ジャンプに小暮の昔の男がでてきたわよ!」って友人に言われて


こんなナイスな発言誰よ?って言ったらそれはよしながふみさんです。
尊敬する作家さんと共通項見つけると飛び上がるよね・・・
よしながふみ対談集『あのひととここだけのおしゃべり』が面白かった。

あのひととここだけのおしゃべり

私は読書しながら付箋を貼るんだが、読了後確かめると、
よしながさんの発言にばかり付箋を貼っていたのには吃驚した!
BLに関する深くて鋭い考察はもちろんだが、何より楽しさを伝えるのがうまく、共感を呼ぶ。
上で同人ネタを引用したので、続けて同人系の発言を拾ってみる。

それを匂わせてくれるだけでも大丈夫。少ないオカズでもゴハン食べられるから。慣れてるの、オカズが少ないことには(笑)。


私は、そのカップリングが成立するまでを原作のエピソードを上手に盛り込んで描いているものを「学説」と呼びます(笑)。そのジャンルの中で、よりカップリングの根拠が強い学説のほうが勝って多数説になっていくわけです。


ほんとうまいこと言うなあああ!
学説系好きですw恐らく私が一番金を注ぎ込んだと思われるジャンルが京極堂シリーズなんだが、そこではこの"学説"系を得意とする人が結構居た気がする。これやられると共有意識みたいのが高まって更にめり込んでしまう。
上のはマイナーキャラ、マイナーカップリングに夢中になることが多い人間が日々涙とともに噛み締める名言。

最終的には3次元ものにシフトする傾向

しかも、ストーリーものではなく、コンサートレポなどを好んで読むようになりますよね。あれって、ストーリーをほかの人に提示されなくても自分で事実の断片を繋ぎ合わせて、自分好みの話を頭の中で作ることができるからだと思うんですよ。


本当にこんな感じになるんだよね恐ろしいことに。
wikipediaが人気あるのってこれでしょ?笑い
同じ理由でお笑いコンビのエピソードまとめとかも大好き。


って、こんなことだけじゃなく、魅力的な対談相手から引き出される作家同士の話は面白い。凄い豪華↓
対談相手:やまだないと、福田里香、三浦しをん、こだか和麻、羽海野チカ、志村貴子、萩尾望都

職場の男性が「面白い」と貸してきて吃驚した『西洋骨董洋菓子店』+好きな本適当にピックアップ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。