BLニュースと感想、または腐界な日記
はじめに
■エントリー毎に記述しませんが、ネタバレ、18禁、BL、版権同人ネタを扱っていますので、その点ご理解下さい。
■連絡はコメ欄お使いください。非公開設定でも投稿できます。 
■スパムコメント・TBには十分ご注意下さい。
件名なしのコメント履歴が表示されない不具合(8/19) ※投稿は正常に出来ます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンションの10階から飛び降りて助かる俳優もいれば、
階段から落ちて死ぬ塩沢兼人(wikipedia)も居る。亡くなって早9年。
年末に知人から塩沢兼人出演のBLドラマCDを借りたので聴いてみた。

この友人が貸してくれたBLドラマCD3枚は95年、96年の作品で原作が山藍紫姫子という共通点がある。

95年は【BLデータマニア】のブログなどを参考にすると、現在まで続く『コミックJUNE』の創刊、他方いわゆる「大JUNE」終焉の年にあたる。また93年に季刊誌として発売されていた『麗人』が95年9月に新装創刊し、以降隔月刊として現在のかたちで定着している。
山藍紫姫子については、分析の奇妙な博士――斎藤環「やおい」論への疑問とその検討で、

九〇年代潮流の先頭を切って商業誌展開した同人出身作家の山藍紫姫子は「『JUNE』が創刊された時こういう雑誌が出たことがすごく嬉しかったし、投稿したこともある」けれども「『JUNE』とは感覚的に違うというのは感じていましたね」と述べています(第三十一回SF大会(一九九二)の座談会)。

 その山藍は別名・橘小夜子で出した『神よ、この悩める子らのために』(『小説JUNE』一九八七年十月号掲載)で栗本の目にとまったのですが、栗本は山藍の筆力を高く評価しながらも、「JUNEよりさぶでは……」現実のゲイ向けに近い雰囲気だという下読み評を(略)


と紹介されている。ん~よく分かんないけど、つまり友人のこのチョイスは現在のボーイズラブ黎明期の作品と言えるのかね?BLの夜明けに兼人あり。



「THE DARK BLUE」(1:09:03)原作:山藍紫姫子
THE DARK BLUE

久しぶりにこのねっとりしたフェロモン声を聴いた。wikipedia見ると「マイクを舐めまわすが如き喋り」なんてあるなあ。と、声に気を取られていると
いきなり始まった物語に置いてけぼりにされる。

【あらすじ】
快楽を与え、絶頂の瞬間に血を吸う悪魔のような男ロキシー・アルカード(CV.玄田哲章)に魅入られたオリヴィエ(CV.塩沢兼人)。吸血鬼の餌食となりながらも、恋人ヘーゼル(CV.堀秀行)との愛を守ろうとするオリヴィエだが・・・。(無理っぽい!)

悲恋である。
ロキシーとの快楽に流されまいと耐え、ひたすら恋人を思うオリヴィエ。獣のように荒々しいロキシーから恋人を守りたいというオリヴィエの懇願がいじらしく痛々しい。
対して、恋人とのたった一度の絡みはほんの数センテンスの朝チュン的表現だったが、
兼人の声がこれでもかってほど色っぽくてぎゃああああああああってなった!!これが、愛・・・!!

手合わせて拝んじゃった。
「起承転結が弱いかなと思いました」なんて辛口のコメントを残しているが、
それまでの意味深なセリフを回収しつつ、余韻あるラストなんて素敵だったよ。
ありがちと言えばそれまでだけど。

蛇足だが最近はクチャクチャいう直接的表現が主流なので、床かベッドか知らんがひたすらギシギシいうSEが新鮮。
長くなったので、他のCDはまた。


素晴らしい販促MAD↓
スポンサーサイト
1/16発売のドラマCDをC75で先行入手。
私は原作の丸木文華ファンなので特典のシナリオ集から目を通して内容を把握していたのに、CDを聞いたらまた別次元の面白さだった。


ハートP「南国ロマンス」(53:41) 滝沢蓮×藍川裕太
南国ロマンス

滝沢の声こんなにエロかったっけ。なんか空気漏れてる何かの気体ハヮィ
そして裕太のリュゥ○ロス声!ぁ~そうだった、楽しい。

「南国ロマンス」はシチュエーションが小説『兄弟-夏』とかぶってるし
シナリオ読んでる分には非常にオーソドックスな展開に思うんだけど、
声が付いて異常にエロく化けた。最近気に入ってるのか、種付け発言まで飛び出す始末。どエロイ。しかし恋人らしい甘い会話と、高校生らしいピュアな行動にほっこりする。ハネムーンなんだって!!
忘れちゃいけない『コイビト遊戯』のテーマ「変態」。
裕太の可愛い「ヘンタイ!」が聞けるのはこのカップリングだけ!ラブラブ!
KOKIは相変わらずキモイ!


ハートO「夕暮れ」(1:04:40) 廣瀬諒×藍川裕太
夕暮れ

作者だけあって、丸木文華の諒評が面白い。このドラマの完成度がうかがえる。

・諒が精神的に可哀想な子なので、
・不謹慎ですが彼は喪服が似合いそう
・何と言ってもやっぱり諒のヒステリー

シナリオ読んだだけでビンビン伝わる諒の危うさ。こいつはいつも何かに追い詰められている。情念があって、媚態にさえゾクゾクする。それもこれも平井達矢の名演技が冴えまくってる所為。完全にやまいだれキャラ。ジャケットも心なしかレイプ目。
ライターご推奨、圧巻のヒス場面では聞いてはいけないものを聞いてしまったような気まずさまで味わえる気違いトラック。本年度ベストアルバム。
物語にちゃんと救いがあるのでホッとするけど、諒のヒステリーの余韻でまだ何かあるんじゃないかって落ち着けない。人の性格って直らんからな。

仏壇なんて、ただの箱

でもいつもよりいっぱい出ました。
ここまで女々しくて嫉妬深くてヒステリックでグラグラして割と喘ぐ男がタチ役として成立しているのは面白いと度々思うけれど、裕太の懐の深さが味わえる良いカップリングである。色気を感じる。


ハートB夏のせいかしら!?(59:30) 和泉澤大貴×藍川裕太
夏のせいかしら

正規ルート外にも関わらず公式の人気投票で堂々3位、期待値の高いカップリングと思われるが、しかし和泉澤大貴の魅力は人気投票コメント一覧で一目瞭然、ライターの

大貴は普通の会話で裕太を罵り続けているので、Mの方は悶え続けられるのではないかと。

という言葉通り、恐らく大貴人気はカップリングへの支持ではなくキャラ愛によって支えられていると思われる。そこに居れば良い。そう、正しくおセックスは無し。それこそが真の変態!会話で飯が食える!変態を撲滅する変態。変態は正義!ありがとうございました!
あと個人的に大貴(CV.浅野要二)が「はあ上絵文字名を入力してください」って言うだけで嫌味ったらしくて漏らしそう。

大貴が裕太にじわじわプレッシャーを掛けておしまい。これだけ引っ張られると悶々とする人も居ると思うが、3枚セットで買うとシナリオ集も付いてきて(公式で1/13まで)ゲーム本編の大貴の別プロト「大嫌い」が読めるよ。ちなみに割とやってる!

こうして聴くと改めてコイビト遊戯のキャラ構成、ルートの多様性は素晴らしいなあと思った。変態にも色々ある!色んな歪みがある!
もう1回本編に戻ってプレイしようって気になった。
兄ちゃんドラマ欲しい!!!

ヘブン顔特大タオル付き『電撃Festival! Heaven Vol.1』の発売まで1週間切りましたが、ラジオも相当ヘヴンな展開になってた。

RADIO DUEL LOVE 【Round 10:6/26更新】
ゲストは遊佐浩二。ヘヴン状態どころか捕まった宇宙人状態のサイト写真に一抹の不安を感じたが、「めざせ!恋のB-1キング!」コーナーでビシッとエロセリフをキめて突っ込まれてた!!!

野島:エロティカルヘヴン!

菅沼:ちょっとでもぉ~なんかぁ~・・・おやじ・・・くさ・・・

遊佐:ちがーうんですよ!

菅沼:ヌメッとしてますよ!!

遊佐:ツンデレの子って実はMっ気があるからぁ~、辱めを受けさせるんですよ。・・・ゾクゾクってくるわけですよ

菅沼:確かにキましたもん。ぼくMなんですけど、・・・確かにゾクッときました!
(略)

あああ~ちょっと官能小説っぽくね。
フランス書房・・・みたいなね・・・
(※書院)
昔のカセット文庫みたいな感じで。

貸し借りしてましたけどねぇ。


遊佐:貸し借りすんなwwwww河原で拾いなさい!


くそわろた。エロ声で面白いは正義!遊佐最高!
あと声優モノマネで遊佐さんが「ブルァァアアアア」言ってる。若本規夫うめぇwwww

ご好評を頂いている「癒してMY HEAVEN!」のおたよりを読まれた方へ
汗拭きメールをご返送させていただくキャンペーン、まだまだ実施中です!
ご希望の方は、メールに”返却希望”と書いてくださいね。




というわけで遊佐浩二が出てるエロい感じのひとつ聴いてみた。
ドラマCD 「絶対服従」(atis collection)原作 : 水戸泉
絶対服従

キーワード:
政治家|弁護士|検察|永田町|収賄|汚職|検察|水戸泉|墓場
衆人環視|ハメ撮り|嫉妬|鳥海浩輔受け|


単語羅列するだけでなんか格の違いが分かるえろいCD。
こんなこと書くからブログにスパムコメント止まんねえんだよ(ノ∀`)


ストーリー:

神崎洸 (cv.森川智之)「売られたんだよ、君は。君の派閥の連中にね・・・。


以上。
恐らく原作を大分端折ってエロに時間を割いたのではないかと思われるほど場面転換が急だったりしたけど、目の前の萌えには目を瞑らざるを得ない。
鳥海受け最高すぎる(ノ∀`)もっとやれははははははぅあは

神崎「ここが好きか(好きか好きか・・・)」←やまびこ演出

神崎「これから毎日擦ってやる(擦ってやる擦ってやる・・・)」←やまびこ


ユニバースかと。

BLは明日への活力(かつりょくかつりょく・・・)

【フリートーク】

森川智之「え~・・・今回は、議員をいただきにあがり・・・若手議員を・・・若手チルドンッ
森久保祥太郎「若手チルドレンておかしくないですか?!www」



そんな言葉も記憶に新しい2006年の作品でした(´ー`)
ちなみに森川智之×鳥海浩輔メインで、遊佐浩二は非常においしいキャラだけどチューどまり。
ドラマCD『砂漠の花婿は金融王』(収録レポ:LadyBug)感想。
ギャルのいいとこ全て注ぎ込んだかのような素晴らしい歌詞の、キーヤキッスぱにっく 「私の彼は石油王」を彷彿とさせる名タイトルッ!

砂漠の花婿は金融王

あらすじは、"砂漠もの"ってことで理解すれば良い、非常にオーソドックスなもの。
本編終了後のフリートークで「テンポがいい」「ガブ飲み感覚でいける作品」と言っている通り。

・王族(攻)
・ほたる(受)は俺の嫁^^
・軟禁
・すぐに慣れる・・・んっ
・なんかヘンなかんじっ・・・あっ・・・
・飼い殺しは嫌だから仕事させて
・1週間デイトレ
・10万ドルを倍プッシュ
・肉親(兄)が尋ねて来る
・おれここで頑張る。一生

受が相当優秀で、デイトレで軽く稼いじゃったり、その上をゆくスケールで金融王がホテルチェーン買収こんなの資産のほんの一部v^^とか
さすが砂漠ものって感じだけど、エロは割と庶民=諏訪部順一(攻)と鈴木千尋(受)の演技が割と普通っぽくて堅実。それがこの作品の良さ。良心。
飽くまで緑川と黒田が砂漠で変な木馬に乗ってあんあん言ってかーわーいーいーっていうのを聴いた上で言う「普通」。

私にしっかりとつかまりなさいっ


とか結構アクロバティックなことしてそうだけど、それより終わってからのやらかし方が個人的にキた。

ほだる゙-ゔ愛してるズぉおおおおおおーーーぅぉーーっ

バ、バカっ・・・外に聞こえるダロッry
おれは・・・・・・おれも、・・・スキ*^^*

くっ苦しっ・・・思いっきり・・・抱きつく、なって!!・・・ユースフッ!
ユースフってば・あああーー→(棒




(;・ー・)
コメディ色が全体的にあるのも特徴だった。

ネトラジ「半熟☆びーえる帝国」のキング(完熟☆腐男子)と王子もほんのちょい役で出演。褒め言葉としてだが、ほんとこのラジオは気持ち悪い^^キング腐り過ぎ!
pixivにアップした後でユレクの髪が途中なのに気づいた\(^o^)/でもこれで完成
ケツイ学園

いよいよ明後日に怒首領蜂大復活が稼動。って、近所のゲーセンは置かなそうだな^^


緑川光、中村悠一のコメントをチェック! 山に生きる男たちの姿を描いた話題作『白の彼方へ』の感想。
白の彼方へ

一言でいって、無難作かなと。あらすじ
じゃあ何でいちいちい感想書くかと言えば、井上和彦がえろい。キャラがエロければ声もエロい。
雪山が雪崩れおこす勢いでチャポチャポ濡れてる!まさに白の彼方。そんな意味じゃない。
ドラマCDのエロシーンは総じて濡れ過ぎ(^ω^)だがそれがいい
緑川先生は今日もぶりっこです。でもちょっとツンキャラなのが可愛いかった!

このドラマCDの感想で必ずと言っていいほど見掛けるのが、ツルギって名前の犬について。
いつ ニ゙ャンチューでぇえ゙え゙え゙すって名乗るかとハラハラするほど人間ぽいw
志村和幸(中の人)が犬の被りもんしてる姿想像してしまった。

そんなこと考えてたら唐突にウッチャンナンチャンのコント思い出したヽ(´ー`)ノ
雪山とか過酷な状況作り出すコントは定番だし、キャラのバリエーションも豊富だったよね。獣の被りもんも得意。ああこれだと思った。
ウッチャンのコントってキャラの可愛さと、関係性のドラマがあって、萌えがいつもてんこ盛りなんだよ。

動画貼り付けるのが手っ取り早いけど、色々消され過ぎてて残念。(当然の処置ではありますが。)
生き残ってるのが"てるたい"。これは本編に対する書き下ろし番外編みたいな位置付け↓出会い編てやつ。

コントの神っていうより萌えの神。ssの神と言ってもいい。
少年誌の連載で、初回の何ページ目までに人物が出切って、キャラ類型も見せれて、っていうのが一切無駄なく出来るのがウッチャン!!
仮面ライダーでいう一話目を書くメインライター。

個人的に、ウンナンの場合ウンナンふたりだけのフリートークが一番萌えるが^^
気分は上々のフリト集は最高です!!本編でも2人のが一番。

ナンチャンがウッチャンをカイロプラクティックへ連れて行く。
うつ伏せになって施術されるウッチャンだが、背中を押されてビクッとなる。「お前、感じたんだろ!!」とナンチャン大騒ぎ。ナンチャンの言葉攻め最高です!!
本当に弱点らしく、その後も盛大にエロい声を発するウッチャン。
ほんとに受け声優ですよ。吃驚した。ウッチャンを見てるとBLに出てくる30代の可愛い受けにもリアリティを感ずるようになる^^

変な感想になったな・・・
『アンバランスな熱』(Chara CD Collection)原作:水名瀬雅良
アンバランスな熱

【適当なあらすじ】
竜(主人公)はクラスメイトで学年一秀才の鳴瀬義人と仲良くなる。
家まで忘れ物を届けたら、義人は不在だったが弟・真也に遭遇。翌日、
兄(cv.鳥海浩輔)「弟には近づかないでくれ」
弟(cv.鈴木達央)「兄さんと友達で居てあげて下さい。ついでに俺も^^」
主人公(cv.波多野渉)(弟良い奴じゃん^^)と思ったが最後

→弟にめっちゃ犯された\(^o^)/らめーっ
|・ω・`)兄は見た


という、割と分かりやすい展開のドラマだったが、鈴木達央が最高過ぎて傑作。
序盤の真也の凶悪さとエロさには感動する。且つ全編を通してのガキっぽさ。何て素晴らしいんだ!

物語に占める真也の属性比率(適当)としては、
前半→ヤン80%
後半→ヤン50%、ツン30%、デレ140%

結局相当デレるんだけども、デレても不安とか嫉妬でグラグラだからヤンデレは最高である。
キレれば出来る子!

てか、お兄ちゃんも絡んでくれ!(#^ω^)
家庭環境が複雑で兄ちゃんも色々抑圧されてんだけどな。
終わり方にムラムラくる。


あと波多野渉が普通に喘いでて吃驚した。前に聴いた『君こそ僕の絶対』からのギャップが・・・。いつの間にこんな受け受けしい子になっちゃったんだこのイケメン。さすが新人賞。また訳分かんない直筆コメント書いちゃってかわいいかわいい

でも男前受けは健在だったな。
めっちゃ薄め過ぎたっぽいローションで温泉浸かってるみたいにボチャボチャ犯されてる割に男前。ぎゃはははああえっろいなーくそー

体が・・・あつい!!!



(^ω^)活舌よし!!

終盤のエロは特に男前。
鳴瀬真也(鈴木達央)×加賀屋竜(波多野渉)←いいカップリングだよね
4/25発売のドラマCD『愛玩少年』。水上シン原作。
愛玩少年

水上シンの軍服ものは好きでこの原作も読んでいる。

あらすじ

妖しい噂の絶えない黒羽男爵邸に奉公に来た清次は、その美貌の男爵が自分の初恋の相手だと知る。
だが、すべての愛を否定する男爵は清次を愛玩犬として淫らな調教を???!!


するに決まってるだろw
終戦直後のどさくさファンタジー。復員兵や腹黒青年も居るよ。

と、設定は若干浮世離れで耽美な印象を受けるけど、
すべての愛を否定するエロ男爵は訥々とした大人っぽい喋りで割と普通の子安武人
代わりに、サブキャラがネジ外れ的な部分を頑張ってる。
みんな愛情に飢え過ぎてもれなくヒネくれてる。

ちゃんと後藤(成田剣)と清瀬(井口祐一)の物語もあったよ^^
個人的に、後藤のストーリーは本編より萌えなんだ。
でもひょっとするとこのモノローグの入り方って、原作知らん人は混乱するかも。なんかいきなり登場人物増えて昔話きたぞ、みたいな。
ドラマCDだけ聴いてたら、これが後藤の死姦趣味の描写だってことは気づかず見過ごしてしまうかもなあ。男爵のセリフもあるし、勘の良い腐なら余裕だろうが。
あー清瀬タンの声が可愛いかった
清次(立花慎之介)もかわいいけど。超頑張ってる。
子安はウィスパーボイスが最高でした。ずっと囁いていればいい。

初回版には子安と立花のフリートーク付いてて、解説めいたことしつつ、普通にアダルトな会話になってた。子安のSっぷりがすげーw
「子安どぇす」って言ってるもんな^^おやじ乙
JUNEで収録レポが載ってるらしい\(^o^)/読みたくなった

ちなみに、Lady Bugサイトで『愛玩少年』とともに、『軍服は鷹の獲物』プレゼント情報が公開された模様。どちらもサイン色紙。
応募締め切りは2008年5月末日(必着)。さっさと応募!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。